日記

【妻へ】ポメラDM100で作った文章をQRコードで送る方法

せっかく買ったDM100、自分だけで使うのももったいないので
iPhoneでの長文入力に役立ちそうな方法を書いときますね。

ポメラで文字を入力して、ポメラでQRコードを表示してiPhoneのカメラで読み取る流れになります。
200文字くらいなら、iPhoneのQRコードリーダーでいけそうなのですが、
それ以上の文字はポメラ用のリーダーアプリを使った方がいいかも。

The app was not found in the store. 🙁

このアプリのサイズは数メガしかないようなので、ストレージを圧迫することはないと思います。
是非いんすとーるを。

使い方

ポメラはカバーを開けば起動します。
キーボード左下の「Menu」というボタンを押して、「新規作成(メモ)」を選んでEnterキー。
ポメラDM100でQRコード使用

もし、自分が何かファイルを開いていて
「編集中のファイルを保存しますか?」と表示されたら「はい:Y」を選んで保存お願いします。

まっさらな状態のノートが開くので、パソコンの文字入力と同じように文章を打ち込んでください。

文章の作成がすんだら、画面の横にある「QRコード」ボタンを押す。
ポメラDM100でQRコード使用

画面にQRコードが表示されるので、iPhoneのQRコードアプリかポメラQRコードリーダーで読み込みます。
ポメラDM100でQRコード使用
長文の場合はQRコードがいくつかにわかれて表示されるので、矢印キーを押してひとつひとつ読み込んでください。

読み込みが完了したら、共有ボタンをタップ。
ポメラDM100でQRコード使用

そこからTwitterやLINEに送るなり、Facebookに投稿するなり、いったんメモ帳に保存するなり、できます。
AirDropに情報が表示されちゃったのでとりあえずモザイク加工。

ポメラはカバーを閉じれば終了できます。
開けばまた同じ状態からスタートできますので
ちょっと中断したいときはパタンとしておけばよいです。
画面を保護できるし、電池のためにもよろしく!

ほかに、ポメラ自体をBluetoothキーボードとして使う方法もあるんですが
それならふつうのBluetoothキーボードを使えばいいんじゃない?という感じ。

デジカメに入れているSDカード(FlashAir)を挿せばWiFi経由で転送することもできるけど
これもiPhoneの接続設定を変えたりする必要があって面倒です。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください