日記

【確定申告】この利用者識別番号は廃止されているため、所轄の税務署にご確認してください。(CC-EB0024)

確定申告をWebで実施しようとして出くわしたエラー。
「この利用者識別番号は廃止されているため、所轄の税務署にご確認してください。(CC-EB0024)」

原因は、マイナポータルとe-Taxの連携不良でした。
マイナポータル側でe-Taxとの連携を「やめる」、そして「つなぐ」。
これにより解決しました。

エラー概要

国税庁の確定申告ページより、確定申告の作成をしようとしたところ、このエラーが発生しました。
具体的には、確定申告書等作成コーナーで「マイナポータルと連携する」を選択した状態で作業を進めようとした際に、表示されました。

こういう「直接連絡してください」系のエラーは、あまり良い印象がありません。

コードで検索しても大した情報ヒットせず、言われた通り所轄の税務署に電話するも、通話中。

確定申告締め切り間近なので、当然といえば当然ですけどね…

ともあれ、解決の糸口が見つからず、2~3日悶々としていました。

原因は、マイナポータルにあり

原因は、「e-Tax」ではなく「マイナポータル」でした。
マイナポータルが、誤った利用者識別番号を返しているのが原因。

マイナポータルのサイトにアクセスして「もっとつながる」をクリック。

つながっているウェブサイトから「国税電子申告・納税システム(e-Tax)」「やめる」をクリック。

その後「つなぐ」をクリックして、再度e-Taxとの連携を作り直せばOKです。

上にも書いた通り、エラーの原因はマイナポータル。
e-Taxもマイナポータルも国のシステムという感があって、セットで考えてしまいそうですが、そうではないようです。
システム間で確定申告者の「利用者識別番号」を使って認証をはかるところで、情報の齟齬が出ていた模様。

e-Tax「この人、確定申告したいらしいんだけど、マイナポータルさん、識別番号わかる?」

マイナポータル「その人の識別番号は123456です」

e-Tax「ちがう!くらえ必殺"この利用者識別番号は廃止されているため、所轄の税務署にご確認してください"

という感じ。なお、マイナポータルがアホというわけでもないんです。
というのも、昨年私が引越しをしたから。そこで識別番号変わったんですね。
マイナポータル側は古い識別番号でのe-Tax連携を記憶していたんです。大本の原因は自分にあり。

とはいえ、e-Taxとマイナポータルが「どの利用者識別番号を使って判断しているか」は全く表示されないんです。
マイナポータルが誤った番号を送っているのか、正しい番号にも関わらずe-Taxが誤認しているのか がわからない。

情報保護のためなのだとは思いますけど、不便です。

余談:ICカードリーダーが意外と便利

今回の確定申告ではICカードリーダーによる認証を使いました。

近年はスマホでマイナンバーカードを読み込む方法もあり、カードリーダー自体は必須ではなくなってきています。
しかし、スマホをいちいち使わなくていいのは思ったよりも便利でした。

カードリーダーにマイナンバーカードを載せておけば、スマホを操作する必要なくサクサク進みます。使ったらメルカリですぐ売ろうと思っていたのですが、一台キープしておくのもアリかなと思いました。

使ったカードリーダーは以下です。売ることを考えていたので、メーカーの信頼性を重視しました。

色んなメーカーが出していますが、信頼性でソニー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください