日記

スキャンした裏表の画像ファイルを、ひとつに結合

ふたつの画像ファイルを結合して、ひとつのファイルにするバッチを紹介します。

書類をイメージスキャナで両面取り込みすると、表面と裏面で別々の画像ファイルができることがありますよね。私も年賀状をScanSnapで電子化しているのですが、その際あて名と写真がバラバラになってしまい不便です。

そんなわけで、一括結合する手段をつくりました!

ImageMagickを使用、対象ファイルは「jpg」限定としています。

バッチプログラム(フォルダレベル)

画像の入ったフォルダをバッチプログラムにドロップして、配下のファイルを一括統合。
ファイル名が結合したい順番になっていること(裏、表、裏、表…)が条件です。

以下がバッチプログラムのソースコードです。使用は自己責任でお願いします。一応フォルダのバックアップを取っておくことをお勧めします。(要:ImageMagick

画像ファイルを用意します。裏表が交互に並ぶようにファイル名を調整します。

実行前の状態

フォルダをバッチファイルにドロップします。

コマンドプロンプト画面が起動して、ファイルが結合されます。
最後にpauseコマンドを入れているので、完了したらEnterキー等を押してください。

実行時の表示

画像ファイルが結合されました。ファイル名は、最初のファイル名の頭に「M」を付けたものとなっています。
元の画像ファイルはbackupフォルダに移動しています。

実行後のファイル。

バッチプログラム(ファイル指定)

ファイルを2個選択して実行するパターンも用意しました。こちらも自己責任でお願いします。(要:ImageMagick

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください