日記

「Apple Lightning - SDカードカメラリーダー」買いました

Apple純正のLightning SDカードリーダーを買いました。が、ちょっと期待していた仕様と違いました。

セールじゃないけどAmazonで購入

この商品、Amazonの「タイムセール祭り」を眺めていて目につき、セール対象でもなんでもないのについ買ってしまいました。まさにAmazonの思うツボですね。

さらに、本来買おうと思っていたfireタブレットはカートに入れたまま寝落ちしてセール終了という…
カートの中で値段が戻るんですね。トロイの木馬みたいだ。

さて、そんなSDカードリーダーです。
私がこの製品に期待していたのは以下の2点でした。

⑴iPhoneのカメラロールをSDカードに書き出す。
⑵SDカードに書き出した写真をiPhoneから参照する。

iPhoneの写真データ用の外部ストレージとして使えればと思ってたんです。
しかし、結論としては、1も2もダメでした。
ひとつずつ解説します。

1)iPhone~SDカードへの書き出しはできない

Lightning SDカードリーダーは書き込めない
一応、これに関してはある程度覚悟していました。
SDカードリーダーですから。書き込み(WRITE)はできません。

そもそもiOSの写真管理機能は融通が利かない仕様で、ホイホイと外部にコピーできません。ソフトかハードか、なにか制限が掛かっているのでしょう。

よさげな効果をうたっているサードパーティー製品も、同じ制約を受けます。
不便さをごまかすために説明は工夫しているようですけどね。

「無料の付属アプリでらくらく伝送!」みたいな。つまり、専用アプリを使わないとデータ転送できない。レビュー欄で存在しない機能を有るかのように書いていたり。)

書き出しに関する不便さは、iOSの宿命なようです。

補足

写真書き出しの用途なら「おもいでばこ」「File explore」のほか「ShAirDisk」といったWi-Fi連携ツールをおススメします。
撮影日付が保持されるという意味では、おもいでばこが優良かと。

2)iPhoneからSDカード内の写真を閲覧することもできない

Lightning SDカードリーダーは縮小サイズで表示される
これは、ちょっと期待外れでした。
全くできないというわけではないんです。縮小された画像の一覧表示ならできます。

ただ本来の画質で見ようと思ったら、一旦iPhoneにコピーしないといけません。手間。

なお、スペック表にはありませんでしたが、SDXCカードは読み込めました。アダプタを介してmicroSDカードを読み込むこともできました。

しかし、デジカメで使っているSDカードじゃないとダメなようです。これはフォルダ構成で判断しているのか、画像の中身で判断してるのかわかりませんが、
パソコンの中に入っている画像を適当にコピーしたSDカードは、読み込んでくれませんでした。

素直にデジカメからの写真読み込みで使う…

結局、本来の用途であるところ、デジカメで撮影した写真の取り込みに使うほかなさそうです。
その使い方であれば、及第点です。うん、さすがは純正。

取り込んだ写真をSDカードから消去する という機能があって、地味にこれはありがたいかも。

ミラーレス一眼にFlashAirを挿して使っているのですが、無線接続で写真はコピーできるものの「削除」ができないので面倒だったんです。
写真がいろんな場所に残ってしまう。

このSDカードリーダーを使ってFlashAirからiPadにムーブして、iPadでトリミング等してから「おもいでばこ」に送れば無駄がなさそうです。
FlashAirを有線接続するんかい!って感じですが。

このあたりの手順もいずれまとめてみようと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください