ブログ管理

WordPressテーマの「STORK」は複数サイトで使えるか?

ブログのジャンルが雑多になってきたので、ブログを3つに分けることにしました。
それにあたり、元ブログで使っていたテーマ「STORK」の扱いをどうするかで悩んだ話です。

規約違反にならないかどうか??

結論からいうと、STORKは複数サイトでの利用は規約違反。サブディレクトリでもサブドメインでも追加購入が必要。
ただし、WordPressのマルチサイト機能を使った場合はOKというものでした。

STORKの利用規約は「1購入1サイト」

WordPress向けのテーマとして絶大な人気を誇る有料テーマSTORK(ストーク)。
ライセンス料金は10800円で、Webで購入手続きをするとZIPファイルがダウンロードできるようなり、それをサイトテーマとしてインストールして使います。
利用規約に「1回の購入で1サイトにご利用可能です。」という旨が書かれています。

この「1サイト」の解釈については諸説あり、サブドメインならいいんだとか、用途としてそれぞれのサイトが同一であればいいんだとか、いろいろあってわけわからん状態です。

複数サイトで使うことは技術的に可能。バレる確率は低い。

という情報もありましたが、後ろめたいまま使うのもイヤなので公式に問い合わせをしてみました。

情報が諸説ある旨を示したうえで問い合わせたので、これが現時点でのファイナルアンサーとみてよさそうです。

結果は
サブドメインでも、サブディレクトリでもダメ。1サイトとはみなさない。
マルチサイトならいいですよ。

というものです。

どうもサーバにSTORKのディレクトリが2個ある状態がNGっぽいです。

マルチサイトならテーマディレクトリはひとつですからね。

じゃあ、マルチサイトにするか?

じゃあ頑張ってマルチサイトにしてみようか…と思ったのですが、どうも自分には厳しそうでした。理由は以下の2つです。

理由1:マルチサイトに対応していないプラグインがある

マルチサイトは特殊な状態なので、動作保証のされていないプラグインも多く存在します。

特にサイトの意向にも使った「All in one Backup」。これは無料版ではマルチサイトでのエクスポート/インポートに対応しておらず、マルチサイトバックアップは199ドルでバージョンアップが必要となる模様。

いやこれもう、STORKが2本追加で買えるじゃん…

理由2:記事の移行がめんどくさそう

「All in one Backup」で元ブログをインポートしてから不要なカテゴリを除外する形でブログ分割をしようと思っていたのですが
前述の通りこのプラグインが使えないので、できません。

記事レベルでエクスポートしてインポートとなると、すごい手間…記事間のリンクはどうするか?メディアファイルのやり繰りはどうするか?

などと考えるだけで頭が痛くなってきます。

結果、マルチサイト機能は検討対象から外れました。

STORKを追加で買うか、別のテーマにするか?

マルチサイトを使わず、STORKで作ったブログを複数に分けるとなると、選択肢はふたつです。

①サイト数ぶんのSTORKライセンスを追加購入する
②複数サイトで使用可能なテーマに乗り換える

テーマ変更の手間を考えると、前者のSTORK2本の追加購入が最有力だったのですが…
別のテーマにしました。

結果、複数サイトで利用可能な割にお安い「JIN」を採用することにしました。
価格は14800円で、STORKの1.5倍程度。これで1サイトの制限が取っ払えると思えば…悪くない。

早速購入して、有効化してちょこちょこ設定。現在に至ります。

さいごに

WordPressブログを分割するにあたって、STORKのライセンス規約を確認、けっきょく分割先のテーマをSTORKをJINに変えたという話でした。

この記事を書いている時点で、まだSTORK固有の「ショートコード」の置換やウィジェット、アドセンスの扱いがうまくいかず悩んでいます。

せっかくライセンスを持っているので、元ブログのテーマはSTORKで運用を続けようと思いますが、JINの使い勝手がよさそうであれば統一してもいいかもしれませんね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください